ちょっといい暮らし

4歳・0歳の二人育児をするワーキングマザー。幼児教育、キャリア、時短術、今よりもちょっといい生活を送るための学びをシェア。

4歳差兄弟。2人目の子供にお勧めのベビーカー3選+おまけ

こんにちは。

早速ですが、皆さんはどんなベビーカーを使っておられるでしょうか?

我が家は4歳差の兄弟なのですが、下の子出産前にどんなベビーカーを購入しようか相当悩みました。

 

Amazonやベビーカーのレビューページ・ランキングサイトを片っ端から読み漁り、購入するベビーカーを決めたので、同じように迷っておられる方にお勧めベビーカーをご紹介します。

 

 

1.上の子は自分で歩いてくれるけどすぐ疲れてしまう。4歳差兄弟のむつかしいところ。

上の子は既に4歳。下の子が生まれてしばらくすれば5歳になる。

 

お出かけの時、自分で歩いてくれるのでベビーカー無しでも行けるのですが

やはり、長時間のお出かけや出先からの帰り道になると疲れてしまって「抱っこ!」となるケースがまだまだ多い。

そして、外出先で機嫌が悪くなってぐずったりすると、道端に座り込んでしまう、なんてケースもある。

そんな時はベビーカーがあったほうが便利だし、ましてや下の子が生まれた後だと、愚図る上の子をベビーカーに乗せ、下の子は抱っこして移動、という場面も考えられる。

 

そんな場面を想定してベビーカー購入時に満たしておきたい条件を書きだしました。

 

2.ベビーカー購入で押さえるべきポイント

上の子・下の子の両方に使える、そして狭い我が家の置き場所にも困らないベビーカーとして私が出した条件はこちら

 

マスト条件

・首がすわっていない赤ちゃんを乗せられる(A型対応ベビーカー)

・上の子(当時体重14kg)も乗せることができる

・ベビーカー本体が軽い(出先で階段などがあったとき、下の子を乗せたまま持ち上げられるように)

・片手で折りたたむことができる

 

尚可条件

・ハイシート

・荷物をたくさん入れられるバスケット付き

・(できれば)値段が安い(笑)

 

これを念頭に置いて、何時間もサイト検索・レビュー確認しました。

 

3.4歳差兄弟にオススメのベビーカー3選!

最終的に絞ったのはこちらの3つ。

2人乗りベビーカーも検討したのですが、重い・場所とる・上の子が微妙に体重オーバーする、などで購入対象から外しました。

 

アップリカ カルーンエアーAB

本体の重さが約3.9kgと他のベビーカーと比較して格段に軽い!!

お値段も3万円を切っている!押し心地も軽くて、楽!15kgまでOK。

 

子供を乗せたベビーカーを持ち上げて階段上り下り、バス乗車などを結構頻繁にやる我が家では、軽いベビーカーは重宝。

あとは日よけの柄も色がさりげないかつシンプルで良い感じ。 


 

アップリカ ラクーナエアー

カルーンエアーとどう違うんだ?と思いましたが、こちらはオート4輪。

対面式⇔背面式に切り替えると、自動で前輪のロックが解除されるというもの。

これがあるとベビーカーの方向転換などがしやすくて結構便利。

重さは4.6kgとカルーンエアーと比較するとペットボトル1本強分くらい重め。

推奨体重は15kgまで。

 

 

グレゴ 二人乗りベビーカー

こちらは二人乗りベビーカー。

二人乗りなので本体の重さが12.3kgと重いし、デカいけど、なんといっても22kgまでの子供を乗せられるので、5歳くらいの子供も余裕で乗れる!ながーく使うことができるのです。

しかも、2つのシートだけでなくスタンディングボードもついているので上の子をボードに乗せて移動することもできる。(もちろん二人の子供をベビーカーに座らせることも可能)

カップホルダーまでついてて、至れり尽くせりのとっても便利な一台。

 

>

 

【おまけ・番外編】

ステップボード

もしも上の子の時のベビーカーがあるのであれば、ベビーカーに取り付けられるステップボードもオススメです。

費用も安く済ませられるし。

ただ、ベビーカーを押している大人の足にぶつかりそうなこと、上の子が疲れているor愚図っているときはステップボードに立ってくれないケースもあるので要注意。

 

 

 

こちらは「立つ」「座る」両方できるので、上の子が愚図って立ってくれないときでも使える!


 

4.結局、我が家で購入したベビーカーはこれ

さんざん迷った結果、我が家で買ったのはAB

我が家のベビーカー使用場面、休日のお出かけ先や行動形式を踏まえると、やはり「重さ」が一番重要。

ということで一番本体が軽いカルーンエアーにしました!


 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村