コスギ的育児

4歳・0歳の二人育児をするワーキングマザー。育児、キャリア、時短術メインに書いていきます

時短料理・下味冷凍を3週間やってみた。時短だけでなく味も美味しい、と好評

平日の料理時間を短縮するために下味冷凍をやり始めて約3週間。

 

「これは結構イイかも!」と思えたので、そのレビューを。

 

 

1.平日5日間の夕ご飯メニューは?下味冷凍の活用方法

「週末にまとめて作成して、平日は解凍して焼くだけ!」という手軽さに惹かれて作り始めた下味冷凍。

我が家では平日の夕ご飯は下記のような感じで対応しています。

冷凍食品や半調理品の割合が多くなっているんですが、

なんだか味が単調というか、、、食べ飽きてきた感があるので

週末に準備時間がもっととれるようであれば、下味冷凍の仕込み数を増やして

バリエーションを増やしたいな、と思ってます。

 

・週末(私の場合は日曜の夜)に下味冷凍の準備。時間は約20分くらい

・お肉系1つ、お魚系1つの合計2つを仕込む

・平日5日間のうち、2日間は下味冷凍、残りの3日間は冷凍食品、半調理品を焼くetc

 

レンジでチンするだけの冷凍食品の日は手抜き感がハンパなくて

なんだかちょっと家族に対して後ろめたく感じてしまってます。

(家族は何も文句言わずに食べてくれるので、私の捉え方の問題なんですが)

 

2.下味冷凍のメリット

 下味冷凍をやってみて感じたメリットは何かというと、、

 

・夕食を作る時間が少なくても、手作りの味・料理ができる

 冷凍食品って、たまにならいいけど毎日続くと味に飽きる

 その点、手料理なら味も変えやすいし、バリエーション増えます。

 

・適当に味付けしても、それなりに美味しくできる。

 味噌マヨ、照り焼き、BBQ味などなど、いろいろな味付けにチャレンジしてきたのですが、調味料の分量を適当に配分しても、それなりの味になります。素晴らしい。。

 

・食材に味がしみこんでいておいしい

 冷凍すると、食材が凍る過程で食材の繊維が壊れて味がしみこみやすくなるそうで、

 それもあっておいしいおかずが作れます。

 

「時短料理」の枠を超えて、美味しさも追及できるところが良いですね!

 

ちなみに、密封する袋はやはりジップロックがおすすめ!

 


【大容量】ジップロック フリーザーバッグ L 60枚入

3.下味冷凍のデメリット

あまりデメリットは思いつかないのですが、敢えて上げるとしたら下記。

 

・分量通り作ってもちょっと味が濃くなる

 これは何故なんでしょうね?味が食材に染み込みすぎるのか? 

 

・準備がやや面倒(といっても20分くらいなのですが、、)

  

・ジップロックがもったいない(貧乏性)

 

4.【おまけ】ジップロックの節約方法

下味をつけた食材をジップロックに入れて密封・冷凍するのですがこの場合、ジップロックは使い捨て。

当然っちゃ当然何ですが、なんだかジップロックがもったいない。

だって、それなりのお値段がするんですもん。

なので、私のジップロックの節約方法はコレ!!

 

薄いビニール袋(スーパーで買った食材を入れる用に無料で置いてあるようなやつ)に

下味付けた食材を入れて、その後ジップロックで密封→冷凍する。

こうすれば、ジップロックは使いまわせる!

ビニル袋と食材。ジップロックで密封

ビニル袋に入れた食材をジップロックで密封

 

数百円程度の節約だけれど、塵も積もれば、、

 

 下味冷凍を始めた時の話はこちらから↓

www.nakamichi.work